超高速WEBサーバーとして注目!WEBサーバー「LiteSpeed」とは?

超高速WEBサーバーとして注目!WEBサーバー「LiteSpeed」とは?IT・Technology
この記事は約4分で読めます。

こんにちは!
Naoya(@lisbiz_info)です。

今回はwebサーバーについて解説していきたいと思います。

 

webサーバーって何?

Webサイトを公開するときに必ず必要になってくるのが、
WEBサーバーソフトウェア。

有名どころでは「Apache」「Nginx」「Microsoft」などがあります。

 

一つ目のApacheは、いちばん古参で有名なwebサーバで、
一般的に、よく使われているのが「Apache(アパッチ)」となっています!

 

二つ目のNginx(エンジンエックス)とは、処理性能/並行処理/メモリ使用量削減にフォーカスして開発されているWebサーバ/リバースプロキシです。ロードバランサーやHTTPキャッシュのなどの機能もあります。
なので最近はこのNginxに移行しているサイトが多く、そのシェア率は40%にまでなっているとか。

 

三つ目のMicrosoftのIIS(Microsoft Internet Information Services)は、
標準でついている一般的なwebサーバーですが、あまり人気はないようです。

 

そしてほかにも最近シェアを伸ばしてきている、
LiteSpeedというWEBサーバーがあります。
最近では「第4のWEBサーバー」と呼ばれ徐々に導入する企業も増え、確実にシェアを伸ばしてきています。

 

では、最近シェアを伸ばしてきているLiteSpeedにフォーカスしていきましょう。

 

LiteSpeedの特徴と導入してのメリット

Apacheとの互換性の高さ

LiteSpeedは、Apacheと完全に互換性があり、
Apacheからの切り替えを行う場合でも、スムーズに移行することができます。

Apacheで使用する「.htaccess」などの「設定ファイルや、各種PHPモジュール類」は
全てそのままLiteSpeedで使用することができます。

Apacheとの互換性を高くすることで、
切り替えが容易なため企業などが数多く移行し、着実にシェアを伸ばしているということですね!

 

WordPress専用キャッシュ

WordPress で「LiteSpeed Cache」という公式のプラグインがあります。
「LiteSpeed Cache」を利用することで「キャッシュ」機能が設定できたり、
画像を圧縮して軽量の.webp(ウェッピーと呼ぶらしいです)という静止画フォーマットに変更してくれる機能などがあるため、高速化が簡単にできます!

実際にこのLISBIZでもこのプラグインを使って高速化をしています。

 

HTTP/2とQUICに完全対応

HTTP/2とは、ウェブページのデータを取得する際の新しい通信方法(プロトコル)です。

QUICとはGoogleが開発しているプロトコルで、特長としてHTTP/2のフレームをTCPでなく、UDPパケットとして送受信をしているプロトコルです。

その前のHTTP/1.1では、リクエストを一回しか送ることができません。
画像がweb上にあった場合に一つ目の画像の読み込みが終わってからではないと
二つ目の画像の読み込みができませんでした。

しかし!HTTP/2では、複数のリクエストを同時に処理することができます。
先ほどの画像で例で言うと、同時に画像の読み込みができます。

このHTTP/2ですが、ChromeやFireFoxなどのブラウザであれば既に対応しているので、
サーバー側でHTTP/2が導入されていれば、特に設定などをすることなくHTTP/2で接続されます。

※HTTP/2の導入には、HTTPS通信が必要になります。

 

下記のChromeの拡張プラグインを追加することで
HTTP/2で通信しているのかどうか確認ができます。

HTTP/2 and SPDY indicator

ちなみにLISBIZはHTTP/2での通信が可能なので、
ChromeやfirefoxでHTTP/2で接続されます!

 

Apacheの3倍、Nginxも凌ぐ応答速度

LiteSpeed Technologiesが公開しているベンチマークでは、Nginxを凌ぐレスポンス速度を計測しています。

すべての計測結果でLiteSpeedが一位の結果になっています!

LiteSpeed

LiteSpeedベンチマーク

すべての計測結果で一位ってすごいですよね!

この結果もシェアを伸ばしている大きな理由だと思います(^^)

 

LiteSpeedを採用しているレンタルサーバー

LiteSpeedを採用しているレンタルサーバーは今のところ

・MIXHOST

・JETBOY

・カラフルボックス

等があります。

 

このサイトでは、レンタルサーバーはMIXHOSTを使っています!
表示速度にも不満はなく、
管理画面も見やすいので初心者にはおススメなレンタルサーバーだと思います!

レンタルサーバーならmixhost | 10日間無料お試し
独自SSLが無料で使えるレンタルサーバーならmixhost!ピュアSSDの高性能が月額880円からお手軽に!簡単・高機能・充実のサポートで安心して使えます。WordPressを数クリックで簡単設置できます。

みなさんもぜひLiteSpeedのwebサーバーが使われている、
レンタルサーバーを契約してみてはいかがでしょうか?

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました