SONYの次世代ゲーム機「PS5」は、立体音響とレイトレーシングに対応!?

SONYの次世代ゲーム機「PS5」は、立体音響とレイトレーシングに対応!?ガジェット
この記事は約3分で読めます。

こんにちは!
Naoya(@lisbiz_info)です。

昨日PS5についての新情報があったので、
簡単にお伝えしていきたいと思います。

PlayStation5についてSIEが言及

SIE(ソニー・インタラクティブエンタテインメント)が、
海外のメディア「WIRED」を通じて次世代ゲーム機のPlayStation5(PS5)について言及しました。
(WIREDでは、のちにプレイステーション5(PS5)と呼ばれるであろうと記載がありますが、当サイトではPS5と記載します)

 

言及したのは、『クラッシュ・バンディクー』シリーズの開発者で、
プレイステーション4本体の開発にも深く関わった、
リード・システムアーキテクトを務めるマーク・サーニー氏。

 

クラッシュバンディクーは

小学生の時に買ってもらってめちゃめちゃやってた!

Respect マーク・サーニー!!

 

米AMDの新型CPU“Zen2”を、GPUはRadeon(レイディオン)の“Navi”をベースにした
カスタムGPUを組み合わせたプロセッサーを採用しています。
Radeon(レイディオン)の“Navi”は2019年第4四半期に発売予定の”VEGA”シリーズの後継で、
8Kの描写をサポートし、米AMDの製品では初めてとなるレイトレーシングにも対応。

 

レイトレーシングは、特殊効果を生み出すために最近のハリウッド映画などで活用されている視覚効果で
実現するには高スペックが必要でこれまでの家庭用ゲーム機に用いるのは非現実的とされていました。

 

また今回はグラフィック性能だけではなく、
サウンド性能についても一新するとのことで、
今回のAMDチップには立体音響のカスタムユニットが搭載され
ゲームの臨場感が大幅に増すらしいです( ゚Д゚)

 

また、PS VRも次世代機に互換があり、
今までHDDが搭載されていたPlayStaytionですが、
PS5からは専用にカスタマイズされたSSD(ソリッドステートドライブ)が搭載!!

 

試験機で、現段階で最高性能のPS4 Proと比較したところ、
『Marvel’s Spider-Man(スパイダーマン)』のファストトラベルでは
PS4 Proでは15秒だったのに対し、PS5では0.8秒だったそう

 

この結果を見るとどれだけすごいかわかる!!

 

またPS4とは互換性があり、
物理メディア搭載のため、ダウンロード専用のハードではないとのことです。

 

性能まとめ

・8Kグラフィックをサポート
・物理メディア採用で、PS4&PS VRと互換性あり
・HDDではなく、新世代機用のSSDを採用
・PS4 Proで15秒かかったファストトラベルが0.8秒
・2019年の発売はなし

 

発売は来年?今後の情報にも注目!

発売が待ち遠しいですね(^^)
今年の発売はないとのことなので、
来年発売予定でしょうか。

いずれにしても今後の情報に注目です!

 

はやく高画質で高音質なPS5でゲームしたい(=゚ω゚)ノ

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました